063.【インタビュー➉】法廷通訳人 津田 守 先生

毎月1回専門家&起業家の方に「感情」について語っていただくコーナーです。

だれでも、生まれてからずっと付き合っている自分の感情。
そして、お仕事を通じて、感情についての見識や想いも変化してくるものだと感じています。「ホッと時間、楽する空間」だからこそ、「感情」を切り口にしたお話を展開していきます。

― 第10回目の今回は、法廷通訳人 津田守先生のお話です。
長い間、大学の教員をされてきた津田先生は、法廷通訳人としても32年のキャリアをお持ちの先生です。要通訳事件という司法手続に欠かせない存在として、通訳人のお仕事そのものをご紹介いただき、複数の文化に精通し、「伝わる言葉」の橋渡しをされている立場からの、津田先生の感情体験に耳を傾けてみてください。

◎ 法廷通訳人 津田守 先生 ≪オンライン情報≫←アクセスくださいね。
ご経歴 )  https://ja.wikipedia.org/wiki/津田守
執筆図書)     http://tsuhon.jp/topics/3503

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA