058. 感情の表現 -具体的方法を増やそう―

今回は「感情」そのものについてお話しています。
感情の表れ方には3つあります。

①身体的表現(身体の症状、心拍数があがる、汗をかく、笑う、顔が赤くなる)
②認知的表現(こころの中でつぶやく、そのことばかり考える)
③行動的表現(話すスピードが速くなる、大きな声を出す、手をたたく)

ご自身の表現方法を知ることをお薦めします。
表現方法を増やすためのポイント⇒「自分がされて嬉しいことをすぐに真似る」を実践してみましょう。

【ポイント】
★感情を表現しているつもりでも、傍から見たらわかりづらいこともよくあります。まずは、自分の出し方に意識して実践してみましょう。具体的な言葉、具体的な行動がポイントです。「今日の氣もち、どのように伝えますか?」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA