056.【子育てミニ講座】子どもへの接し方(2)”対応する”

今週も「ACTすこやか子育て講座」より、子どもへの接し方のエッセンスをお伝えしています。

大人が子どもの扱いにくい行動にかかわるには、2つの選択肢があります。
①反応する ②対応する の2つです。今回は②対応するとは何か、どんな状態のかかわりを指すのかを説明しています。対応するためのポイント、「自分の氣もちの温度に気が付いていること」です。

【ポイント】
★子どもが問題行動や騒いだりすると、大人が落ち着いていることは大事なポイントです。状況の中で、自分の状態、感情、温度に氣づく意識をもつことから始めてみましょう。「今日もいろんな氣もちにありがとう!」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA