055.【子育てミニ講座】子どもへの接し方(1)”反応する”

今週は「ACTすこやか子育て講座」より、子どもへの接し方のエッセンスをお伝えしています。

大人が子どもの扱いにくい行動にかかわるには、2つの選択肢があります。
①反応する ②対応する の2つです。今回は①反応する、とは何か、どんな状態のかかわりを指すのかを説明しています。皆さんの行動をチェックする上でも、お聴きくださいね。

【ポイント】
★子どもが問題行動や騒いだりすると、大人はやきもきさせられますね。
しかし、それに氣づいていることがもっと大事かもしれません。
「今日もいろんな氣もちにありがとう!」

返信を残す