037.[子育てミニ講座]‘引越し’が子どもに与える影響

引越し - 物理的な住居の移動、慣れ親しんだ場所・土地・住人・思い出との別れ。

別れは喪失を意味します。喪失は悲しみも含まれているため、マイナスの意味合いで捉えられることが多いですね。そもそも、どんな変化もストレスです。
しかし、そのストレスがプラスのものか、マイナスに属するものかは、一概には言い切れません。
例えば、結婚もストレスです。(詳しい内容はpodcastを聴いてくださいね♡)
「変化(ストレス)に対して、子どもが感情を表現できているか」
とても重要なファクターです。悲しみが表現できないと、人間は怒りになります。
悲しみを十分に感じ取ることは、基本的にとても大切な行為です。愛おしい行為です。
悲しみは、泣いていいのであり、一つの表現方法です。それを見守ってあげられるのも、親の大切な役割ですね。

【ポイント】
子どもは、どんな感情も学んでいる最中です。楽しい・嬉しいと同じように、イライラ、怒り、悲しい、恥ずかしいなどのマイナス感情も覚えていきます。私たち大人がタブーを創らない努力も大事ですね。「今日も一日、どんな感情が生まれましたか?」

036.[インタビュー②] NPO法人アピュイ 理事 鰐渕遊太さん

毎月1回、専門家&起業家の方に「感情」について語っていただくコーナーです。

だれでも、生まれてからずっと付き合っている自分の感情。
そして、お仕事を通じて、感情についての見識や想いも変化してくるものだと感じています。
「ホッと時間、楽する空間」だからこそ、「感情」を切り口にしたお話を展開していきます。

― 第2回目の今回は、NPO法人アピュイ 理事 鰐渕遊太さんのお話です。
普段から「子どもたち」と丁寧に深くかかわっている鰐渕さんの体験をお楽しみください。

発達相談支援センター CORONOAH(こ・ろ・の・あ)←アクセスくださいね
HP) http://www.coronoah.com/
FB) https://www.facebook.com/coronoah/

◎NPO法人アピュイ
FB) https://www.facebook.com/appui2014.7/

035.【Q&A】「カウンセリングを初めて受けたのですが、職業を聞かれるのはなぜですか?」

カウンセリングでは何をするのか?
今回は、カウンセリングのイメージを持っていただけるお話をしています。

カウンセリングは悩みを語るだけでなく、カウンセラーは相手の「人となり」を理解できるように、個人の特性、特徴、アイデンティティーに関わることは、‘なんでも知りたい’と質問します。
職業は、まさに、≪アイデンディディー≫なのです。自分にとっても一部なのです。

[ポイント]
アイデンディディー - それは、自分が存在している拠り所。
せっかく、産まれてきた自分。自分が拠り所となるものは、好きであるほうが楽です。
結局、自分を大切にしていくことが、いつでも大事なんですよね。「今日も、一日お疲れ様でした」

034.境界(バウンダリー)-自分のスペース

バウンダリー(境界線)とは、自分と他人との適切な境界線を引くことを指します。
“こころの境界線を引く”という表現をよくします。聞いたこと、ありますか?
適切な境界を知っていることは、良好な人間関係を創ったり、維持するためにとても大事な概念です。
他者の思いや感情のケアをしているつもりでも、相手の境界線を越えてしまっている場合があります。そして、自分が相手の境界線を越えると同時に、相手にも簡単に自分の境界線を越えられてしまいます。自分の思いや気持ちが二の次になり、相手が求めることに対してNoが言えません。
まずは、自分を大切にすることを覚えることは、自分勝手なことではありません。
自分の境界を大事にして、自分自身をケアすることから覚えていきましょう。

[ポイント]
人と自分の間にある境界線。バウンダリーを引くことは、とてもとても大切な行為です。
相手も、自分も大切にすることになるからです。「今日も、一日お疲れ様でした」

033.[2018年 新年の抱負]

皆さん、新年あけまして おめでとうございます!!
2018年に向けて、どんな元旦を迎えていらっしゃいますか?

2017年の振り返り、2018年新年の目標をお話しています。
プレゼンター二人の正直なトークをお楽しみください。

今年も、皆さんにとって素敵な一年でありますように!応援していきます☆☆☆

◆元旦の願い◆
2018年、皆さんもいろんな“感情の引き出し”を増やしてください!
今年も、よろしくお願いします。