016.信頼感―他者との関係 [ACTすこやか子育て講座より]

子どもが大人と感情を共有したり、怒りや暴力の対処方法を知っていくことは、他者に対する信頼感を醸成していく結果に繋がっていきます。

だれもが、守られている、肯定的で安定した、愛情あふれた環境を求めています。
この環境を保持することが大人の責任です。
そして、これこそが、人が人を信頼する基礎となっていきます。
【ポイント】
誰もが求める、安定した人間関係。
人に対する信頼感は健康な生活には欠かせない大切な力です。
「人を信頼する力」― それは親との関係で育くまれていきます。
“今日の貴方のよかった点、好きな箇所、大いに褒めてあげてください。”

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA