019.良いところ探し―相手のポジティヴな行動を導く [ACTすこやか子育て講座より]

相手の難しい行動を防ぐ良い方法、良い行動を促す方法が分かると、いいですよね。
対子どもだけでなく、対大人にも言える汎用性の高い方法をお伝えします。

相手の良い行いに注意を払い、適切な行いをしてくれた時は、「褒める」こと!です。
人は「達成感」「自己効力感」が高まると、良い行動も自然と促されていきます。
だれでも褒められる事は気持ちの良いものです。たくさん褒めて、褒められる。
そして、「ありがとう」が溢れる生活を送ってください!

【ポイント】
子どもは観察や真似をすることを通じて学んでいきます。大人の貴方の言葉や行動は、子どもにとってはとてもパワフルです。お家の中で、会社の中で、大事な友人関係・恋人関係において、たくさんの褒め言葉を遣ってください。「今日も一日、お疲れ様でした。」

018.養育スタイル[しつけと罰] [ACTすこやか子育て講座より]

養育スタイルと聞くと、皆さんはどんなイメージを抱かれますか?
親の子育てにはいくつかのスタイルに分けられますが、その区分の前提になっている2つの大きな要素‘しつけ’と‘慈しみ’を詳しく説明していきます。

また、「しつけ」と「罰」はどう違うの?という質問もよく出されます。
実は、この言葉の定義の差異には、子ども(受け止める)側の感情が大きく異なります。
自分の子育てを見直す上でも、自信をもつためにも、是非是非お聴きください!

【ポイント】
すべての親は、学んできたこと、子どもとしても親としても経験したことを基にして、自分の養育スタイルを持っています。家族に対して、今日はどんな言葉がけをしましたか?
寝る前に、今日もちょっと振り返ってみてください。「今日も一日、お疲れ様でした。」

017.子どもを取り巻く電子メディア [ACTすこやか子育て講座より]

子どもの行動に影響を与える電子メディアに対して、どんなイメージをお持ちですか?
プラス面やマイナス面など、両方の影響を受けています。

特に、想像力、コミュニケーション力、そして発達過程に与える影響など多くの影響があることを、まずは大人が知ってくださいね。

【ポイント】
電子メディアが子どもに与える影響は、とても大きなものです。
どんな影響も避けることはできませんが、大人の介入によって軽減することができます。
家族の中の電子メディアの扱い方、家族のルールも一緒に考えてみてください。

016.信頼感―他者との関係 [ACTすこやか子育て講座より]

子どもが大人と感情を共有したり、怒りや暴力の対処方法を知っていくことは、他者に対する信頼感を醸成していく結果に繋がっていきます。

だれもが、守られている、肯定的で安定した、愛情あふれた環境を求めています。
この環境を保持することが大人の責任です。
そして、これこそが、人が人を信頼する基礎となっていきます。
【ポイント】
誰もが求める、安定した人間関係。
人に対する信頼感は健康な生活には欠かせない大切な力です。
「人を信頼する力」― それは親との関係で育くまれていきます。
“今日の貴方のよかった点、好きな箇所、大いに褒めてあげてください。”