011.直観力

直感は、感覚的に物事を瞬時に感じとることであり、「感で答える」のような日常会話で使います。

直観は、直接に対象やその本質を捉える認識能力を指しており、認識論上の用語として使っています。第六感という表現はよく使われますね。

どちらの言葉においても、感覚を信じてあげる行為であり、自分を信じない限り、上手く使えないのです。
そもそも、「感情」を捉えることから始まります。

自分の感覚を信じて行動を起こす。
感覚に従う領域を日常生活にもっと取り入れてみてはいかがでしょう?
感覚を養う視点を広げられたら素敵ですね。

【ポイント】
直観を信じていますか?と言われても、どうしたらいいのでしょう?
ふと下りてくる感覚を日々楽しんでみてください。
感情を感じているうちに、直観も下りてきます。
素敵な朝でありますように、自分の朝を感じてみてください。

返信を残す